脚やせ法とカーブス

カーブスでも脚やせは可能ですが最近、部分やせが話題ですね。
では脚やせ法にはどんな方法があるのでしょうか。

 

脚やせにはいろんな方法がありますが、基本的に「骨盤の歪みを正す」、「冷え性を改善する」ということが挙げられます。
骨盤が歪んでいると、腹部や太もも、お尻に贅肉がつきやすくなります。

 

上半身は太っていないのにお腹や太もも、お尻が太りやすいと感じたら、骨盤矯正を試してみましょう。
冷え性の改善ですが、心臓は上半身に位置しているため、脚が心臓から一番遠い部分になりますよね。

 

脚はその分、代謝が悪くなりやすいので、適度な運動をすることで筋肉を発達させると筋肉がポンプの役をしてくれます。
女性は、筋量が少ないので男性より圧倒的に冷え性になりやすいのです。

 

血行が悪くなると、老廃物が蓄積してむくみの原因になります。
むくみを改善すれば、すっきりと見えて脚やせにも効果があるばかりか、夕方の脚のむくみや疲労感を減らすこともできます。

 

むくみを改善するには、適度な運動をして血行促進したり、加圧タイツや加圧ストッキングなどを履くのもお勧めです。
脚やせしてスカートを履いたときにもフィットしたパンツを履く際にも自信を持てるようになりましょう。

 

カーブスとこういった部分やせ法を組み合わせることで、理想の体型を実現されている方が増えているとか。
あなたも是非カーブスと組み合わせダイエットはいかかですか?
そうそう。気のなるカーブスの料金はコチラでどうぞ。

 


有酸素運動の時間とカーブス

ダイエットのために日頃ジョギングやウォーキング&カーブスで運動といった有酸素運動を行っている方も少なく無いと思います。
しかしこれから有酸素運動を通じてダイエットを行いたいという方にとってはどういった有酸素運動を行うとよいのか、という点がわかりにくいのではないでしょうか。

 

例えばカーブスなどでは、どのような類の運動をどれほど行えばといったことです。
まず有酸素運動とは無酸素運動と違いゆっくりと身体にあまり負荷をかけない運動を行わなければいけません。

 

カーブスは高齢者でも体に負担にならない設計ですので安心してできます。
このカーブスの特徴から短時間では効果がでにくいために比較的長い時間かけることで有酸素運動の脂肪燃焼効果を得ることができます。

 

有酸素運動の前に10分ほど無酸素運動を行うことでその直後に行う有酸素運動の効果をより効率的に得ることができますがこの有酸素運動にかける時間は30分ほどが目安となるでしょう。

 

これ以上長時間にわたって続けてしまうと後日に疲労が残ってしまう可能性もありますので毎日継続することを考えればあまり良いことではありません。
これは事前に行う無酸素運動も同様でより身体に負担をかけますのであまりやりすぎては直後の有酸素運動にも影響がでてしまうでしょう。

 

カーブスなら30分ですので、丁度いい有酸素運動量と言えます。
からだに負担をかけずに有酸素運動ならカーブスがぴったりですよね。